SimulTransの役員は全員がローカライズのエキスパートです

SimulTransの役員は、平均勤続年数が18年(最短でも10年)と長く、業界のリーダーとしてローカライズを深く理解しています。ローカライズに熱心に取り組み、細部まで知り尽くし、今もなお知識を深めるために日々努力しています。それぞれがお客様の最重要ターゲット言語を話し、お客様が扱うテクノロジを理解しています。

100%経営者が所有する企業であるため、SimulTransのディレクターはお客様を最優先することができます。お客様のメールに数分で返信し、プロジェクトに積極的に関わり、優秀なチームをサポートしてスケジュールどおりに高品質の成果物を完成させます。

 

Mark Homnack

社長兼CEO

MarkはSimulTransの創業者であり、社長兼CEOです。1984年に博士奨励金50ドルを元手に創業して以来、Markは全力を尽くしてシンプルな構想から高業績の多国籍ローカライズサービス企業を作り上げてきました。Markは、世界をリードするローカライズのエキスパートとして広く認められています。現在は、SimulTransのグローバル経営の統轄に加え、ローカライズ、大手アカウント、国際市場における事業展開も指揮しています。マサチューセッツ州ウィリアムズ大学で学士号、ミドルベリー大学で修士号を取得し、スタンフォード大学で博士課程(論文未修)を修め、常に言語と文学を研究してきました。私生活では、家族と一緒に旅行やエスニックレストランでの食事を楽しんでいます。

Nina Homnack

共同創業者兼シニアバイスプレジデント

Nina Homnackは、SimulTrans創業時からのメンバーです。 出身地はドイツで、学業を修めた後、1983年にパロアルトに移り住みました。当初は、スタンフォード大学病院で理学療法士として整形外科、神経科、心臓移植の患者を担当していました。病院で働きながら、1984年に夫のMarkがSimulTransを設立する手助けをし、現在もディレクターとして活躍しています。SimulTransでフルタイム勤務を開始した後は、会計から会社の医療翻訳グループ設立(Allergan、Baxter、Beckman Coulter、Biomet、Chiron、InterMedics、Siemens Healthcareをはじめとする多くの顧客を開拓)まで、さまざまな職務を担いました。Ninaはまた、女性のための非営利団体であるDeborah's Palmのディレクターとして、2010年に開始したメンタリングプログラムも統轄しています。

Adam Jones

最高執行責任者

Adamは、SimulTransの全世界の事業活動を統括しています。これには、プロジェクト管理、翻訳、エンジニアリング、テスト、多言語パブリッシング、アカウント管理、セールス、マーケティングなどが含まれます。Adamは、20年以上に渡り、SimulTransの顧客開拓業務、社内制作チーム、およびその他の事業部を指揮してきました。SimulTransの前は、Oracle CorporationのStrategic Accountsに所属し、その前は高校で英語の教師をしていました。母校であるスタンフォード大学では、主に教育に関する公共政策を研究していました。現在でも、息子の学区や関連する非営利団体に積極的に関わることで、教育政策に携わっています。

John Putzig

最高財務責任者

SimulTransの最高財務責任者であるJohnは、この19年間、SimulTransの会計および財務活動を指揮してきました。SimulTransに入社する前は、小売企業で4年間会計監査役を務め、その前の10年間は海軍将校として地球物理学コミュニティに属し、最後の職位はコンピュータシステム開発の副部門長でしたアイダホ大学で学士号を、ナショナル大学で経営管理学修士号(会計専攻)を取得しています。私生活では、アーチェリー、ハイキング、キャンプを楽しみ、赤十字の熱心な支援者でもあります。

Chiyoko Kikuchi

リージョナルバイスプレジデント(マウンテンビュー)

リージョナルバイスプレジデントであるChiyokoは、2000年にSimulTransに参加しました。SimulTransの西海岸および日本の事業を統括しています。これには、プロジェクト管理、翻訳管理、ローカライズエンジニアリング、デスクトップパブリッシング、セールス、アカウント管理が含まれます。ローカライズに携わる前は、東京のKorn/Ferry Internationalで10年間、顧客の期待を上回る製品品質実現の全体を管理する責任者でした。上智大学で法学の学士号を取得しています。

Ken Kelly

リージョナルバイスプレジデント(ダブリン)

Kenは、SimulTransのヨーロッパ事業チームを統括しています。これには、プロジェクト管理、翻訳、エンジニアリング、品質保証、多言語パブリッシング、アカウント管理などが含まれます。SimulTransにおける17年間の経験から得たローカライズに関する深い知識と経験を日々の活動に活かしています。業界経験は長く、以前はBerlitzでシニアプロジェクトマネージャを、その前はCITISでセールスおよびマーケティングマネージャを務めていました。趣味は旅行とスポーツで、少年サッカーのコーチであり、家族と過ごす時間を大切にしています。

Li-Jiuan Jang

リージョナルバイスプレジデント(ボストン)

Li-Jiuanは、SimulTransのボストン事業所を指揮し、セールスと事業運営に積極的に参加しています。2005年にSimulTransに入社する前は、Thomson Course Technology (現Cengage Learning)で、SQA制作リーダー、eラーニングマルチメディア開発者、リリースエンジニアとして、国際市場向けのeラーニングとプロジェクト管理のスキルに磨きをかけていました。その後は、ローカライズプロジェクトマネージャとしてSkillsoftおよびLOMAの教材を中国で発売しました。台湾出身のLi-Jiuanは、国立政治大学で学士号を、ボストン大学で教育メディアおよびテクノロジの修士号を取得しました。2人の娘の母であり、時間と溢れるエネルギーをボストンバレースクールのパフォーマンスと資金集めの支援に注いでいます。

Margarita Núñez-González

アカウント管理担当ディレクター(ダブリン)

Margaritaは、SimulTransのヨーロッパセールス担当ディレクターであり、顧客との関係を構築・維持するアカウントマネージャのチームを統轄していますヨーロッパ中を頻繁に回り、顧客に業界のベストプラクティスを助言し、グローバル市場向けの製品のローカライズが成功するように支援していますMargaritaには、SimulTransでの15年を含め、ローカライズ業界で20年以上の経験がありますまた、Localisation Resource Centre Industrial Advisory BoardとProfessional Women?s Network Dublin Chapterのメンバーです。スペイン出身のMargaritaは、スペイン語、ガリシア語、英語を流ちょうに話し、さらにイタリア語とポルトガル語にも精通していますユニバーシティカレッジダブリンを卒業し、美術/演劇史の学士号とヨーロッパ美術の修士号を取得しています。

Michelle Byrne

アカウント管理担当ディレクター(マウンテンビュー)

Michelle Byrneは、20年以上の経験を持つローカライズ業界のベテランです。1992年、Microsoftのダブリン事業所でローカライズのキャリアをスタートし、プロジェクトの管理と外部言語チームへのアウトソーシングについて多くの経験を積みました。2001年、アイルランドのダブリンにあるSimulTransの事業所に移った後は、アカウントマネージャとしてセールスを担当し、品質マネージャ職を経て、プロジェクト管理およびパブリッシングチームを管理していました。2014年1月、カリフォルニアのSimulTrans本社に異動し、現在はアカウント管理担当ディレクターを務めています。私生活では、旅行や読書を好み、2匹の愛犬と過ごす時間を大切にしています。ワイン通であり、ナパやソノマに近い北カリフォルニアでの暮らしを楽しんでいます。

Robert Flanagan

財務担当ディレクター(ダブリン)

Robertは、ヨーロッパにおけるSimulTransの財務担当ディレクターです。財務、リソース管理、人事、IT、ビジネスサポート、企画、不動産を担当しています。SimulTransには2004年12月に加わり、25年の経験があります。中規模の監査実務会社での監査と税務でキャリアをスタートし、ほとんどの業種について広い知識を持ち、深く理解しています。SimulTransの前は、Emerson Group傘下のControl Techniques Irelandの財務担当ディレクターでした。AllianzやIBMなど、多様な企業の財務部門でも経験を積んでいます。公認会計士であり、公認会計士協会の会員です。

和田靖子

(株)サイマルトランスジャパン、代表取締役

和田は、SimulTransの東京事業所の経営を担っています。1991年の入社以降、日本の翻訳チームを指揮し、東京事業所のすべての事業を管理しています。SimulTransの前は、日立製作所の半導体部門で10年間翻訳と文書化に携わっていました。津田塾大学で国際関係と英語学の学士号を取得しています。